会社が社員を採用する目的は何でしょうか?
最終目的は、会社の利益を上げることが目的にあるはずです。

採用には方法があります。
①選考準備 
②選考 
③募集活動 
この3つに力を入れることで、いい人材が集まる採用システムが作れます。

人が足りないから、とりあえずハローワークに求人票を出し、慌てて採用することは、採用に失敗する可能性が高くなります。

1人の社員を新卒から定年まで雇用し続けると、3億円のコストがかかると言われています。中小企業様は「どのような社員を雇うのか」が会社の命運を分けるといっても過言ではありません。人材不足と多くの企業様が言いますが、人材に困っていない中小企業様があるのも事実。

この機会に「採用の仕方」を学んでみませんか?