労務監査とは、労働コンプライアンスの実現に向け、労働法務の専門家が、企業の「就業規則の適法性」「賃金分析」「社会保険加入」「給与計算適正運用」「社員の意識や風土分析」などの観点から御社の人事労務管理の状況を徹底的に診断・監査し、ベテラン人事総務担当者も気付かない潜在的リスクを発見、解決します。

課題例

企業の社会的責任(CSR)の観点からも、人事労務面のコンプライアンスを徹底したい。
法令で定められる各種手続が正しい方法で、漏れなく実施できているか確認したい。
将来、株式上場を考えているため、法令遵守の観点から現状確認をしておきたい。
日頃の給与計算や社会保険の手続が正しく行えているのか、専門家の目で確認して欲しい。
人事労務管理において書類等の不備などがないよう、適正な運用が行えるようにしたい。
就業規則の内容が法改正に対応できていなかったり、トラブルになったときに会社を守れない規程になっていないか確認したい。
また、株式公開する際は、各証券取引所による公開審査がおこなわれますが、最近は労働基準法をはじめ各種労働社会保険緒法令を遵守しているか(コンプライアンス)が重要視されています。そのため事前の労務監査は必須と言えるでしょう。

例えば、以下のような項目がチェック事項の一例となります。
・就業規則をはじめとする各種規程が整備されて、労働基準監督署に提出されているか?
・各種労使協定がきちんと締結されているか?
・管理監督者の範囲が適正なものになっているか?
・労働時間の管理がきちんとされているか?
・時間外割増賃金が適正に支払われているか?
・休日出勤についての対応がされているか?
・時間外協定が締結され、実際の労働時間がその範囲内に収まっているか?
・労働基準監督署の調査状況、その際の是正勧告等の有無は?
・労働安全衛生法に規定される体制が整備されているか?
 ○所定の人数を超えた場合に産業医及び衛生管理者が選任されているか?
 ○衛生委員会が開催されているか?
 ○定期健康診断及び雇入時の健康診断がされているか?
・労働保険・社会保険へは適正に加入しているか?
・パートタイマーが適正に社会保険に加入しているか?
最近の名ばかり管理職問題、サービス残業問題などのように、一度問題となるとこれを解決するために相当高額なコストがかかることも多くあります。
是非一度、労務トラブル予防のためにも、日常の労務管理状況について労務監査を受けていただくことをお勧めいたします。もちろん労務監査後の対応についてもアドバイスを徹底的にさせていただきます。

労務監査を行うのは、実務に精通した経験豊富な社会保険労務士とそのスタッフが行いますのでご安心下さい。